これからの私ブログ

過去の失敗談やこれからの人生について、40代主婦のブログ

役割から逃げ続けていても、やるまでそれは付きまとった

これまでの人生で、

同じような試練や役割に何度も直面することがありました。

 

「またこれ?本当に無理なんだけど」

と思ってその問題から逃げたり目を背けたり。

そんなことを繰り返してしばらくは平穏に過ごせたとしても、

同じような問題がシチュエーションを変えてやってくる

ということが何回もありました。

 

 

リーダー的役割をやらなきゃいけない状況なのに逃げた

①部活の部長

高校時代、私が部活の部長になりそうな流れだったけど、

部活をやっている意味が分からなくなって、

部長も出来る自信がなかったので部活を辞めた。

けれどしばらくしてまたやりたいと思って復帰させてもらった。

(部員が少なかったので復帰は認めてもらえました)

部長は他の子がやっていて、私は部長にならずに済んだ。

 

②店長または副店長

コーヒーショップのアルバイト時代の店長研修から逃げた。

過去記事にもありますが、

フリーター時代にバイトリーダー的役割になり

しばらくしたら店長養成的な研修に参加させられ、

このまま行くと店長か副店長にさせられるかも。

それが嫌でバイトを辞めた。

その後、店長からのお声がけもあり、平バイトとして復帰させてもらった。

 

rumoko11.hatenablog.com

 

①と②を改めて振り返ると、自分勝手な行動が恥ずかしいです。

部活もバイトも周りに迷惑をかけたのにも関わらず復帰させてもらって、

当時の周囲の本音はわかりませんが、

優しくしてもらえて感謝だったと改めて実感。

 

 

逃げられない環境(保護者)になってから試練は再びやってきた

このようにリーダー的役割から逃げてきたのですが、

その後再びこの問題に遭遇したのは子どもが集団生活を始めてから。

保護者としてのことです。

 

●幼稚園のクラス代表(保護者役員)

●幼稚園の係のリーダー

●スポ少の世話役(学年のまとめ役)

●小学校の地域グループ代表

●習い事のまとめ役

●小学校PTAの役割リーダー

 

上記を経験しました。

これらはすべて、人数的にも周りの人々の状況的にも

絶対に逃れられなかったので引き受けました。

「あぁ、重荷だな」と思いながらも。

 

習い事のまとめ役と小学校PTA関係は

同じ年にダブルで引き受けたので、こんな大変なことってあるのかと、

しみじみと何か逃れられない課題をさせられている気がしました。

「これまでリーダー的役割から逃げてきたツケがここで一気にやってきた」

と、心に感じるものがありました。

 

私は末っ子育ちなので、甘えたり怠けるのは得意。

責任感を保ち続けてキビキビと取り仕切るのは苦手。

厳しかった兄弟姉妹を真似てキビキビ風にしてみても、

元々の末っ子根性が顔を出して気力が続かない。

みんなをまとめる自信もない。

 

けれど役割が決まったらやらないといけないので、

周りに何と思われようと

仲間に助けを求めながらもやりました。

 

これまであまりしたことのなかった

「人に頼る」

「人にお願いする」

「報告・連絡・相談」

「名簿を作る」

「知らない人に連絡する」

「提案して交渉する」

「企画して開催する」

「責任をもって引率する」

「誰かのサポートをする」

「権力者の理不尽な態度に我慢する」

「眠れないほど嫌な思いをする」

などなど、数え上げればきりのない程の

社会人の基本みたいなものを改めて経験したような気がします。

 

フリーターで楽に働いてきて、最終的に社員になってもすぐに辞め、

専業主婦として主に家庭内の問題だけに向き合ってきたので

社会性に乏しかった私に必要な経験、

「他人とのコミュニケーション」

を学ぶにはちょうど良い役割だったのでしょう。

 

また、辞めたくても子どもの関わる社会なので

これまでのように自分勝手な理由で辞めるわけにもいかず、

忍耐力を養うことができました。

 

周りの頼れる保護者仲間は社会性もある方々なので、

先輩のように相談させてもらい心強かったです。

 

過去のいろんな経験から

軽い人間不信に陥っていたところもある私ですが、

同じ目的がある者同士なら協力し合うし、

独りよがりではなくみんなでやろうという姿勢が大事なのだと

心優しいママ友さんがさり気ない態度や言葉で教えてくれました。

 

人間関係って本当に難しく、

自分に自信のないうちは他人との信頼関係を築くのが怖かったですが、

少しずつ経験を積んで自信を積み重ねていくと

他人との信頼関係を築くこともできるんだと気づきました

 

役割から逃げ続けているままではわからなかったことでした。

 

 

いつか乗り越えなければならない試練や役割には、

いろんな形で何度も直面するのかも、というお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています

応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング